改訂日:2017年2月17日

目的

本サービス利用規約(以下、「本規約」という)は、eSOLIX(以下、「eSOLIX」または「当社」という)によって提供されるサービス(以下、「本サービス」という)の利用に関して、eSOLIXとの間で契約(以下、「本件契約」という)を締結した利用者(以下、「利用者」という)に適用されるものとする。利用者は、本規約に同意しない限り、本サービスを利用することはできないものとする。

アカウントの登録・利用

利用者は、本サービスにアクセスまたは利用するため、それぞれのユーザーアカウント(以下、「アカウント」という)を登録するものとする。アカウントを登録した時点で、利用者は、それぞれの氏名、電子メールアドレスおよび勤務地などを含め、eSOLIXによって指定された情報(以下、「アカウント情報」という)をeSOLIXに提出するものとする。アカウント情報に変更があった場合、利用者は、eSOLIXによって指定された方法により、その旨をeSOLIXに報告するものとする。

eSOLIXにアカウントを登録することで、利用者は、本規約に同意したものとみなされる。

注記:利用者がアカウントを登録したにもかかわらず、本規約を遵守しなかった場合(以下、「本規約に違反した利用者」という)には、本規約に違反した利用者のアカウントは、返金を要することなく、直ちに取り消されるものとする。ただし、当社は、本規約に違反した利用者に問題を是正する機会を与えるため、何らかの措置を講じる前に、本規約に違反した利用者に対してその旨を通知すべく合理的な努力を尽くすものとする。ただし、eSOLIXは、その単独の裁量で、通知または返金を要することなく、本規約に違反した利用者のアカウントを取り消す権利を留保する。

利用者は、アカウントの利用および管理について単独で責任を負うものとする。利用者は、アカウントを利用してなされたあらゆる行動および結果についても、それらが利用者本人またはその他の個人や法人によるものか否かにかかわらず、責任を負うものとする。

当社は、その単独の裁量で、本サービスを拒否、解除または一時停止する権利を留保する。

サービスの提供

eSOLIXは、eSOLIXによって指定されたサービスレベル契約に従って提供されるものとする。

サービスの利用

本サービスの利用に関しては、本規約およびeSOLIXによって指定されたアクセプタブルユースポリシー(以下、「AUP」という)が適用されるものとする。本サービスは、合法的な目的に限り利用することができる。違法な目的による本サービスの利用は、本規約の重大な違反を構成するものとする。

本サービスの利用に際して、利用者は、次の各号のいずれかに該当する行為をしてはならないものとする。
(1)公序良俗または法律に反する使用行為、あるいは、犯罪を構成する可能性がある行為
(2)本規約、AUPまたは本サービスに関連してeSOLIXによって指定された規定に違反する行為
(3)eSOLIX、他の利用者または第三者の知的財産権、プライバシー権もしくはその他の権利を侵害する行為
(4)本サービスの信用性を損なう行為
(5)以下の内容を含んだ情報、データまたは資料を転送、保存または公開する行為
- 過度に暴力的または残虐な表現
- コンピュータウィルスまたはその他の有害なコンピュータプログラム
- eSOLIX、他の利用者またはその他の第三者の名誉や信用を毀損する表現
- 過度に猥褻な表現
- 差別を助長する表現
- 反社会的な表現
- チェーンメールやスパムメールなど、第三者への情報の拡散を意図したコンテンツ
- 第三者に不快感を与える表現
(6)本サービスのネットワークに過度な負荷をかける行為
(7)本サービスのネットワークシステムに不正にアクセスするか、または不正なアクセスを試みる行為
(8)その他にeSOLIXが不適切と判断する行為

現在、当社は、本サービスのサーバー上でIRCまたはIRC botを動作させることを認めていない。利用者は、他の利用者又はその他の第三者による本規約の違反を発見した場合、利用者は、abuse@esolix.comをあて先としてeSOLIXにその旨を報告しなければならない。

利用者がスパムメール(迷惑メール)などを配信した場合、それによって営業上の信用や消費者の意識や行動に及ぼす損害や悪影響を判断することが困難であることに鑑み、ただし、かかる損害が発生する可能性があることを認識した上で、スパムメールを発信した利用者に対しては、本規約の違反を理由に25,000円の約定損害金が課されるものとする。更にeSOLIXは、本規約の違反者に対して、損害賠償を請求する権利を留保する。eSOLIXが損害賠償を請求することを選択した場合は、送信された電子メール1通につき100円の賠償金が課されるものとする。

注記:利用者のアカウントに違法行為、違法なMP3ファイル、海賊版ソフト、ハッカーのプログラム、 海賊版プログラム、またはその他の違法なファイルが含まれていることが判明した場合、 利用者のアカウントは、予告なしに、直ちに取り消されるものとし、かかる利用者は、12,000円の解約手数料をeSOLIXに支払わなければならない。更にeSOLIXは、かかる利用者による行為を当局に報告することができる。

利用料

トラフィック使用料

すべての本サービスには、あらかじめ一定のトラフィック量が割り当てられている。当社は、すべてのアカウントを監視しており、事前に設定された閾値を超えるトラフィックが発生した場合には1 gigごとに1,200円(以下、「超過料金」という)を課金するものとする。この金額は、比例配分されないものとする。すなわち、1 mb – 1 gigは、同様にみなされ、課金されるものとする。

eSOLIXのすべてのサブネットワーク、分散型ホスティングサイトおよび専用サーバーは、上記のポリシーに準拠しなければならない。ただし、専用サーバーに関するシステムリソースは例外とする。

サービス利用料

本サービスのサービス利用料(以下、「サービス利用料」という)は、毎月1回、支払われるものとする。ただし、追加の本サービスに係るサービス利用料は、利用者が当該追加サービスを受領した時に支払われる。一部の本サービスに関しては、サービス利用料に加えて、初期費用(以下、「初期費用」という)を本サービスの開始時に一括払いで支払わなければならない。

利用料の課金

超過料金、サービス利用料および初期費用(以下、総称して「利用料」という)は、次の各号のいずれかに該当する方法により支払われるものとする。

毎月1回、アカウント登録日にあわせて、eSOLIXは、下記のいずれかの方法で利用料を請求するものとする。

(1)利用者のクレジットカードから利用料を引き落とすものとする(クレジットカードの情報が利用者から提供されている場合)
(2)翌月に提供される本サービスの利用料に関する請求書を電子メールまたは利用者のコントロールパネルへの通知の方法により送付するものとする。

利用者が、翌月に存在しない日付に自らのアカウントを登録した場合、利用料の引き落としまたは請求書の送付は、かかる翌月の可能な限り近い日付に行われるものとする。例えば、利用者が1月31日にアカウントを登録した場合、利用料の引き落としまたは請求書の送付は、2月28日(または場合に応じて2月29日)に行われるものとする。

利用者に請求書が送付された場合、支払は、該当する月次請求書に明記された支払期日までにeSOLIXに対して送金されるものとする。利用者が支払期日までに支払を行わなかった場合、eSOLIXは、本規約を直ちに解除することができる。

クレジットカードによる支払はすべて、毎月1回、自動的に引き落とされるものとする。これらに支払を行うため常に十分な金額を入金しておくことは利用者の責任である。入金額が不足していた場合、当社は、24時間以内に、別のクレジットカードの口座番号を当社に連絡することを要求する電子メールを送信する。24時間以内に、別のクレジットカードの口座番号を指定する連絡がなかった場合、当社は、本サービスの全部または一部を一時的に停止することができる。

返金ポリシー

いかなる場合であれ、利用料は返金されないものとする。例えば、利用者との契約は四半期単位である場合において、1か月後に契約が解除され、利用者が残りの2か月について返金を請求したとしても、返金は一切認められないものとする。

アカウントの再有効化

料金未払を理由に、無効化されたアカウントを再度有効にするため、利用者は、再有効化の前に20.00米ドルの再有効化料金を支払うものとする。

保証の放棄および免責

法律で許容される範囲で、eSOLIXは、明示か黙示かを問わず、本サービスに関していかなる種類の表明も保証も行わないものとする。これには、本サービスが利用者によって想定される特定目的に適合すること、本サービスが期待される機能、商品的価値、正確性または有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用される法規制または業界団体が制定する内部規制に準拠すること、および、本サービスに中断または不具合が一切生じないことについての表明や保証などが含まれるが、これらに限定されないものとする。 

eSOLIXは、システムダウンタイム、クラッシュまたはデータ消失についていかなる責任も負わないものとする。eSOLIXは、何らかの理由により、本サービスがオフラインになるか、または利用不可能になったことにより、サーバーに起因して生じうる損害についても責任を負わないものとする。

eSOLIXは、本サービスの利用に関連して利用者が被るあらゆる損害についていかなる責任も負わないものとする。ただし、かかる損害が、eSOLIXの故意の不法行為または重過失によって引き起こされた場合はこの限りではない。eSOLIXが何らかの責任を負う場合であっても、かかる損害は、直接的かつ現実に発生した損害の範囲に制限されるものとする。いかなる場合であっても、eSOLIXは、付随的、間接的、特別または将来的な損害および逸失利益について責任を負わないものとする。また、いかなる場合であっても、eSOLIXは、直近12か月間に利用者によってeSOLIXに支払われた利用料を超える合計額について、一切責任を負わないものとする。

補償

利用者は、本サービスの利用に起因または関連して生じるあらゆる種類の損害、損失、費用、請求、訴訟または要求(合理的な弁護士および会計監査人の報酬や費用を含む)について、eSOLIXを補償し、かつ何ら損害を与えないことに同意する。eSOLIXは、その単独の裁量で、本条項に基づく補償の対象となる問題を防御および制御する権利を留保する。利用者は、かかる問題を解決するため、利用者の費用負担で、eSOLIXを支援するとともに、eSOLIXからの合理的な要求に応じるものとする。

契約解除

次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、eSOLIXは、事前の通知または催告を要することなく、利用者による本サービスの利用を一時停止するか、または本規約を解除することができる。
(1)利用者が、本規約のいずれかの規定を遵守しなかったとき
(2)アカウントに関する情報に虚偽、不正または誤解を招く内容が含まれていることが判明したとき。
(3)利用者が、支払停止処分を受けるか、支払不能に陥るか、あるいは、利用者に対して破産、民事再生、会社更生、特別清算またはこれらに類する手続きが申し立てられたとき
(4)eSOLIXが、利用者による本サービスの利用が不適切であると判断したとき

次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者がeSOLIXに支払わなければならない金額はすべて、自動的に支払期日が到来し、利用者は、eSOLIXに支払うべき金額を直ちに全額弁済するものとする。

eSOLIXは、本条項に従いeSOLIXによって講じられる措置に起因または関連して利用者が負担するあらゆる損害について一切責任を負わないものとする。

利用者は、本サービスが当該利用者のための専用サーバーを用いてeSOLIXによって提供されるときは、eSOLIXに対して通知を与えることにより、その翌月の末日をもって本規約を解除することができる。この場合、利用者は、翌月分のサービス利用料を支払う義務を負うものとし、また、翌月の末日まで本サービスを利用することができる。利用者は、本サービスが当該利用者のための専用サーバーを用いずにeSOLIXによって提供されるときは、eSOLIXに通知を与えることなく、本規約を直ちに解除することができる。

秘密保持義務

利用者は、本サービスに関連してeSOLIXから開示される非公開の情報を機密として保持するものとし、eSOLIXの書面による事前の承諾がない限り、当該情報をいかなる第三者にも開示してはならないものとする。

変更

eSOLIXは、何ら通知を要することなく、本規約の全部又は一部を変更する権利を留保する。当社は、利用料の金額を変更する権利も留保する。

譲渡

利用者は、eSOLIXの書面による事前の同意がない限り、本規約に基づく地位または本規約に基づく権利や義務を譲渡、移転、担保設定またはその他の方法で処分してはならないものとする。

eSOLIXが、本サービスに関連する事業の全部または一部を第三者に譲渡する場合、eSOLIXは、かかる譲渡の一環として、本規約に基づくそれぞれの地位、本規約に基づくそれぞれの権利や義務および利用者に関するアカウント情報やその他の情報を、かかる第三者に譲渡することができる。利用者はここに、かかる譲渡についてあらかじめ同意するものとする。本条において、上記の事業譲渡には、日本法に基づく事業譲渡の形態に加えて、eSOLIXの会社分割またはその他事業譲渡を伴う形態のeSOLIXの事業再編を含むものとする。

分離可能性

本規約のいずれかの条項の全部もしくは一部が、裁判所によって無効または執行不可能であると判断された場合であっても、本規定の残りの条項は、引き続き全て有効に存続するものとする。

言語

本契約は、英語を正文とする。日本語による翻訳文は参考のために作成されたものである。英語の正文のみが契約としての効力を有するものとし、日本語訳はいかなる効力も有しないものとする。

裁判管轄および準拠法

本規約に関連して訴訟を起こすことが必要になった場合、契約当事者は、日本の名古屋地方裁判所の専属管轄権に服することに同意する。
本規約は、日本の法律に準拠し、かつ同法に従って解釈されるものとする。

個人情報保護方針

改訂日:2017年2月17日

eSOLIX(以下、「当社」という)は、当社の提供するサービスの利用者のプライバシー保護に全力で取り組んでいることを示すため本個人情報保護方針を策定した。本個人情報保護方針は、当社のサービス、ソフトウェアおよびウェブサイトの利用者から当社が収集する情報に適用されるものである。

本個人情報保護方針を改訂する場合、eSOLIXは、事前にその旨を利用者に通知するものとする。

利用者の情報を取り扱う事業体

eSOLIX株式会社
〒467-0015日本国愛知県名古屋市瑞穂区十六町 1丁目50番地

当社のウェブサイトから収集される情報

当社は、当社のサーバー上に発生した問題の診断および当社のウェブサイトの運用のみを目的として、利用者のIPアドレスを収集・使用する。当社は、それ以外のいかなる目的にもこの情報を使用しないものとする。

利用者の同一性を確認するため、ウェブサイトの訪問者から特定の個人を識別できる情報が収集される。

当社のウェブサイトからは、属性データも収集される。当社は、当社のウェブサイトの訪問者にとって関心があると思われるコンテンツを紹介し、訪問者の嗜好にあったコンテンツを掲載して、当社のウェブサイト上での訪問者の体験を高めるためにこうした属性データを利用している。

注文書

当社のウェブサイトでは、利用者が当社のサービスの利用を申し込むに当たり、128ビットの暗号技術を採用した注文書を使用している。当社は、顧客の名称、住所および電子メールアドレスなどを含め、利用者に関する情報を収集している。かかる情報は、次の各号に該当する目的にのみ使用される。
(1)必要に応じて、利用者と接触すること
(2)サービスの利用料金を顧客に請求すること
(3)利用者にサービスを提供すること
(4)その他上記の各号に関連する目的を達成すること

当社は、当社のサーバーまたはウェブサイト上で、クレジットカード情報を保存していない。これらのデータは、決済ゲートウェイから提供される安全なAPIを利用して、当社が起用する決済代行業者(PaypalやStripe)に転送される。

セキュリティ

当社は、利用者の情報を適切に取り扱うものとし、当社が管理している利用者の情報の紛失、不正使用、漏洩および改ざんを防止するため合理的なセキュリティ管理システムを構築するものとする。当社は、利用者のプライバシーを保護するため高度なSSL暗号化技術を使用している。
ただし、かかるセキュリティ管理システムが破られることにより、利用者の情報がアクセス、開示、改ざんまたは破壊されないことを保証することはできない。

第三者

次の各号のいずれかに該当する場合を除き、当社は、利用者の情報を第三者と共有しないものとする。
(1)事前に利用者の同意を得ているとき
(2)法規制または裁判所の命令によって、第三者との間で利用者の情報を共有するとき
(3)人の生命、身体または財産を保護するために必要である場合であって、利用者本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)公衆衛生の向上または子供の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者本人の同意を得ることが困難であるとき
(5)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める職務を遂行するために協力する必要がある場合であって、利用者本人の同意を得ることにより、当該職務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

本サイトで収集された情報は、当社による使用のみに厳格に限定されている。当社が起用する決済代行業者を除き、いかなる第三者も、利用者の個人情報や課金情報などを閲覧することはできないものとする。

問い合わせ先

本個人情報保護方針についての質問、または利用者の情報の修正や訂正、使用の停止または情報の削除の要請に関する問い合わせ先は、privacy@esolix.comである。

アクセプタブルユースポリシー

改訂日:2017年2月17日

eSOLIXは、インフラストラクチャ、ウェブホスティングおよびインターネット関連サービスのプロバイダーとして、自社の顧客(以下、「利用者」という)およびそれぞれの顧客やユーザーに対し、公共、私用、商用もしくは非商用など、様々な情報を入手または発信する手段を提供している。eSOLIXは、インターネットが自由かつオープンな討議および情報の普及の場であることを尊重している。ただし、対立する利益が問題となる場合、eSOLIXは、予防措置または是正措置を講じる権利を留保する。こうした対立する利益を保護するため、eSOLIXは、このアクセプタブルユースポリシー(以下、「本AUP」という)を策定した。本AUPは、個々の利用者との間で締結されたサービス契約に規定された条件を補足・説明するものであり、eSOLIXのサービスを利用する際の利用者の権利と義務を理解するための指針となるものである。本AUPは、必要に応じて随時、改訂されることがある。

インターネットに関する1つの重要な側面は、管理または支配する者が存在しないという点である。こうした事実により、インターネットはオープンで価値の高いものとなっている。しかし、またそれゆえに、自らが情報を取得するか、または他人に情報を伝達するかを問わず、インターネットを利用する人の判断や責任がより一層重要となってくる。利用者がインターネットから情報を取得する場合、eSOLIXはその情報について監視したり、真実であることを確認もしくは断言したり、またはその精度や品質について保証することができないという点に留意しなければならない。このため、利用者は、インターネットから入手した情報のみに依拠することなく、自ら最良の判断を下さなければならならず、また、インターネットに掲載された情報には性的表現または不快な内容が含まれていることにも注意しなければならない。eSOLIXは、インターネットを監視・検閲することはできず、また、監視や検閲を行うことを考えてもいないことから、不正確、不適切、不快または違法なインターネットコミュニケーションに起因して生じる損害について一切責任を負わないものとする。

利用者は、インターネットから情報を発信する場合にも、加入者が作成する情報をeSOLIXが検証、編集もしくは検閲しないこと、したがって、かかる情報について一切責任を負わない点に留意しなければならない。インターネット上に情報を掲載する場合、利用者は、他の著作者と同様に、著作権侵害、名誉毀損またはその他の有害な発言について責任を負わなければならない。更に、作成された情報は、eSOLIXのネットワークを通じて配信され、eSOLIXのサービスの利用者であるか否かにかかわらず、多数の人々に伝達されることから、利用者がインターネットに掲載した情報は、他の利用者に悪影響を及ぼす可能性があり、また、eSOLIXの営業上の信用、経営、評判または業務にも支障を来すおそれがある。このため、利用者、利用者の顧客、関連会社または子会社が、次の各号のいずれかに該当する行為を行った場合、eSOLIXは、利用者がeSOLIXのポリシーおよびサービス利用規約に違反したとみなすものとする。

スパム攻撃

インターネット上で相手の同意を得ずに大量かつ/または営利目的の情報を送信すること。こうした行為は、消費者にeSOLIXに対するマイナスイメージを与えるだけではなく、eSOLIXのネットワークに過剰な負荷をかけ、eSOLIXの他の利用者に対するサービスの低下をもたらす可能性がある。同様に、オープンなSMTPリレーを維持することは禁止されている。何らかの苦情が寄せられた場合、eSOLIXは、スパムメールを発信しているアカウントの調査を実施し、かかるアカウントを閉鎖するものとする。

成人向けコンテンツ

eSOLIXは、成人向けコンテンツの提供を認めておらず、また、これに違反したいかなるアカウントも、一時停止または削除するものとする。

猥褻的な表現や文言

児童ポルノまたは猥褻的な表現や文言を広告、送信、保存、掲載、表示またはその他の方法で提供することを目的にeSOLIX’のネットワークを利用することは禁止されている。eSOLIXのネットワーク上に児童ポルノが掲載されているか、またはeSOLIXのネットワークを経由して児童ポルノが配信されたことを認識した場合、eSOLIXは、その旨を法執行機関に通報することが法律で義務付けられている。

中傷的または侮蔑的な言動

否定的、中傷的、嫌がらせ的、脅迫的または威嚇的な内容を掲載または送信するための手段として、eSOLIXのネットワークを利用すること

ヘッダーの偽造

全部か一部かを問わず、メッセージの作成者を偽ることを目的に、メッセージヘッダーを偽造または変造すること

他のコンピュータやネットワークへの違法またな不正なアクセス

他者が所有するコンピュータ、アカウントまたはネットワークに、不正にまたは許可なくアクセスすること、あるいは、他社のシステムセキュリティへの侵入を試みること(一般的に「ハッキング」よばれる)。これに加え、システムへの侵入につながるおそれがある行為(例えば、ポートスキャン、ステルススキャンまたはその他の情報収集活動)。

インターネットウィルス、ワーム、トロイの木馬の配布またはその他の破壊的行為

インターネットウィルス、ワーム、トロイの木馬、ping攻撃、フラッド攻撃、メール爆弾またはサービス妨害攻撃の製造や送信に関する情報を配布すること。更に、他者がネットワークまたはそれに接続するネットワーク、システム、サービスもしくはその他の機器を利用することを邪魔するか、またはそれらを効率的に利用する能力を妨害する行為。

本AUPの違反を助長する行為

スパム攻撃、ping攻撃、メール爆弾、サービス妨害攻撃およびソフトウェアの著作権侵害を助長させる行為を含め、本AUPの侵害を意図したソフトウェア、プログラム、製品またはサービスを宣伝、送信またはその他の方法で提供すること

ユーズネットグループ

eSOLIXは、ニュースグループのコンテンツがAUPに違反することが前もって知られているニュースグループからの投稿を受け付けない権利を留保する。

その他の違法な活動

ポンジ・スキーム、ピラミッド・スキーム、クレジットカードの不正チャージおよび海賊版ソフトの宣伝、送信およびその他の方法による提供などを含め、違法とみなされる活動に関与すること

その他の活動

合法か違法かにかかわらず、利用者、オペレーション、営業上の信用や評判または利用者との関係に有害であるとeSOLIXが判断した行為に関与すること

これまで当社が指摘してきたように、上記の有害行為を回避する責任は、主として利用者が負うべきものである。eSOLIXは、通常の事業活動として、利用者によるコミュニケーションがeSOLIXのポリシーまたは適用される法規制に準拠していることを確認するために、かかるコミュニケーションを監視することはない。ただし、有害行為を発見した場合、eSOLIXは、かかる有害行為を阻止するため、情報の削除、ウェブサイトやサーバーの閉鎖、有害な情報の送信を遮断するために設計されたソフトウェアによるスクリーニングの実施、インターネットへのアクセス拒否その他eSOLIXによって適切とみなされる措置などのあらゆる手段を講じるものとする。

eSOLIXは、利用者の多くがインターネットサービスプロバイダーであること、したがって、これらの利用者からeSOLIXの施設に伝達される情報が、かかる利用者の顧客またはそれ他の第三者から発信されたものであることも認識している。eSOLIXは、インターネットサービスを提供している利用者に対し、それぞれの利用者の顧客によって作成された通信内容またはウェブサイトを検閲することは要求しない。eSOLIXは、その利用者の顧客に対して、何らかの措置を直接的に講じる権利を留保する。更に、eSOLIXによる直接的な措置が利用者の他の顧客に悪影響を与える可能性がある場合であっても、eSOLIXは、eSOLIXの利用者に対して、かかる利用者の顧客による活動を理由に、何らかの措置を直接的に講じることができる。同様に、eSOLIXは、インターネットサービスを提供している利用者が、eSOLIXが必要とみなす是正措置や予防措置において、eSOLIXと協力することを期待している。eSOLIXの利用者が、自らまたは自らの利用者をして、かかる是正措置または予防措置に協力しなかった場合には、eSOLIXのポリシーに違反することになる。

法律もしくは政府当局から要求されるか、または公共の安全が危険にさらされている場合を除き、eSOLIXは、利用者によって送受信される私的な電子メールメッセージを意図的に監視することはない。ただし、eSOLIXは、その施設が十分に機能していることを確認するため、自らが提供するサービスを電子的に監視することができる。更に、eSOLIXは、利用者の情報または当社のネットワークを利用して行われる情報通信やウェブサイトに関する情報などを、裁判所命令、召喚状、出廷命令、証拠開示請求、令状、法令や規制または政府の要請により開示することができる。eSOLIXは、利用者に関する情報が開示されたことを利用者に通知する義務は一切なく、また、場合によっては、かかる通知を行うことを法律で禁止されている。最後に、eSOLIXは、eSOLIXもしくはその他の者を有害行為から保護するため必要な場合、または、システムの適正な運用のために情報開示が必要な場合には、利用者に関する情報およびeSOLIXのネットワークを通じて送信される情報を開示することができる。ただし、eSOLIXは、他のサービスプロバイダーまたは外部の会社に対して、情報を一切販売しないものとする。

eSOLIXは、他者に対してインターネットサービスを提供している利用者が、オンラインコミュニケーションのプライバシーに関連して適用されるあらゆる法律を全面的に遵守することを期待している。利用者がこれらの法律を遵守しなかった場合は、サービス利用規約に違反したものとみなされる。最後に、eSOLIXは、サービス利用規約に同意することにより、eSOLIXに損失が生じ得る、利用者によるサービス利用規約または法規制への違反、あるいは、利用者もしくはそれぞれの顧客による故意または過失行為に起因または関連して生じうる請求を理由とした第三者のeSOLIXに対する損害賠償請求に関し、利用者が、eSOLIXを補償しなければならないことを強調したい。すなわち、利用者または利用者の顧客による活動を理由に、eSOLIXに対して訴訟が提起された場合、利用者は、eSOLIXに対して裁定された損害賠償金の支払とともに、訴訟費用や合理的な弁護士費用についても責任を負うものとする。

当社としては、本AUPが、責任のあるインターネット社会の一員であるeSOLIXおよびその利用者を含めた、インターネットユーザーの責任の明確化に役立つことを願っている。利用者による本AUPの違反行為に関して苦情がある場合は、abuse@esolix.comあてに送信しなければならない。